首都高速の事故を減らす為、2007年8月にスタートしたプロジェクト『東京スマートドライバー』。

交通規制や取り締まりといった、従来の交通安全キャンペーンとはまったく違う切り口で、良い運転をするドライバーを褒め、コミュニケーションの力で
交通事故の削減に取り組むことで、大きな成果を創り出してきました。

この思想を受け継いだ、ご当地スマートドライバーが全国で次々と発足し、青森県でも2011年9月に若者と高齢者のよりよい運転と県外からお越しの
観光客や歩行者に優しいドライバーを増やしていく事を目標に据えた『青森スマートドライバー』が誕生しました。

『青森スマートドライバー』では、様々な活動やツール・イベントを通して「安全運転はカッコイイ!」というイメージを定着させ、青森県内の交通事故の
削減と運転マナーの向上を目指します。